レーシックを梅田で受けるならお勧めのクリニックは品川近視クリニックです。視力矯正手術を行う眼科はどこも同じ技術や機械を持っているわけではありません。クリニックによっては症例数も桁外れに違ってきます。

レーシックの症例数の違いは安心の違いと考えてもよいでしょう。大阪の梅田には品川のほかにもSBC新宿近視クリニックや錦糸眼科などたくさんありますが、症例数の観点から見るとおすすめはやはり品川近視でしょう。

最高級の設備が整った品川は、口コミでは機械的に施術が進むなど書かれたりしますが、圧倒的に受けてよかったというクチコミが多いのです。レレーシック 梅田で受けるならまずここを検討するとよいでしょう。

レーシック手術で失敗しないクリニックの選び方

レーシック手術で失敗しないために、必要なことをいくつか挙げておこうと思います。
まず、失敗とはどういった結果を指すのかにもよりますが、感染症を防ぐには衛生管理がしっかりと行き届いたクリニックを選ぶことが最も重要でしょう。

そして、希望の視力をしっかり得るためには、術式選択も自分の目と希望に沿ったものにする必要がありますから、情報収集をし、医師とも相談してじっくり決めていきましょう。

術式によっては、かなりの高額になります。ここから金銭的な面になりますが、レーシックの手術は保険適用外の医療行為であるため、費用の100%を負担しなくてはなりません。

レーシック手術後はどのくらいで視力が回復するの?

「視力の回復」
目が良く見えるようになったという実感としては、レーシック手術後の1時間くらいで感じられると思います。ただし、まだ目がしょぼしょぼしますからあまりずっとは目をあけてられないと思いますが・・・。

翌日からクリアという人がほとんどです。ただし見えるようになった=成功ではありません。医師の指示に従い、きちんとした「ケア」を心かけましょう。

レーシック手術日に運転をしても大丈夫?

「車の運転」
手術日には絶対に禁止されていますし、実際に無理ですが、翌日からなら運転は可能です。
ただし可能というだけで安全性を考えるのなら、晴天の昼間や夜間、雨天の昼間や夜間などのクリアな視界に目を慣れさせてからのほうがよいでしょう。

レーシッククリニックの手術後の視力

「レーシック」手術を受けることでどのくらいの視力を得られるのかということですが、まずその前に視力というのは数値が高ければそれだけ良いというものでもありません。

ましてや、近視で一度視力がだいぶ下がっていた状態から、急激に視力を上げようとした場合、眼鏡やコンタクトレンズでも度が合わないと感じることがあるくらいで、裸眼の視力も元がかなり悪かったものが手術で急に2.0になると逆に疲れるという場合があります。

錦糸眼科のレーシック手術の特徴

「綿糸眼科とは」
屈折異常の専門眼科クリニックとして設立され、世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、またレーシックを日本で初めて実施した病院としても有名です。

「綿糸病院のレーシック手術機器」
術式や使用している機器により様々に異なってくるレーシック手術ですが、現在の「綿糸眼科」は「Wave-frontエキシマレーザー」「イントラレーザーiFS」「マイクロケラトーム」「ウェーブフロントレーザー」などを装備して、治療が行われております。

角膜が薄いとレーシック手術ができない?

レーシックの手術は、角膜の表面を薄く切りフタを形成し、その内部を削り取ることで本来あるべき角膜の形状に整えることで視力の矯正を行う方法です。

その際にフタを形成するにも内部の形状を整えるにも角膜に一定の厚さが必要になりますので、検査の結果として薄いということが判明した方の場合はレーシックをすることができない場合もあります。